サークル「ジダラク亭」の管理人ヒノイチのブログジダラク亭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人として軸がぶれている

どうも。腰の重いヒノイチです。
この土日から、やっと夏コミの準備を開始しました。

今回は色々とマズイ状況なので、頑張らなくてはいけませんわ(汗
表紙もいい感じにしたいですしね。

20150622_1.jpg
このくらいの頭身でキャラ作画が維持できたらいいなーとか思ってます。

が、しかし…



難しいんですよね…マンガで頭身維持するの(汗
ギャグ調に変化する時って、キャラの頭身が低くなること多いじゃないですか。

それに加えて、コマのサイズの影響で描く範囲は上半身だけってときも多いです。



頭身がブレにブレます。
ブレッブレです(汗




マンガを長く描いて慣れてる方とかは安定した作画を維持できるんでしょうけど、私にはとても難しいです…








話は変わり…
今週24日より、東京の国立新美術館にてニッポンのマンガ*アニメ*ゲームという展覧会が行われます。
国立新美術館ってのは、私がよく行く「文化庁メディア芸術祭」のメイン会場として使われてる美術館です。

1989年から現在に至るまでの25年間に焦点をあて、複合的メディア表現として深化している日本のマンガ、アニメ、ゲームを総合的に展望し、想像力と創造力を再発見することをテーマにした展覧会だそうです。
ちなみに、この展覧会には、マンガ、アニメ、ゲームと関わりの深い同人的要素も含まれます。



めっちゃ行きて―!!!



実は先週、用があって東京に出向いておりました。
せっかく行くので帰りに展覧会でも寄ろうと思っていて開催中の展覧会を調べていたら、上記の展覧会を見つけました。

しかし先週の時点では開催しておらず、敢え無く断念。



代わりに銀座で開催している

ライゾマティクス: グラフィックデザインの死角
JAGDA新人賞展2015

を見てきました。
まぁ面白かったんでいいんですけど(前者の展覧会はマニアックすぎましたが)、やっぱマンガ、アニメ、ゲームのほうが見たかったですね(汗



ただ、ありがたいことに8月31日まで開催するそうなので、夏コミのタイミングで行こうと思います。忘れてなければ(苦笑

あと、そのタイミングで「あの日見た花の名前を心が叫びたがってるんだ。in お台場夢大陸」も開催してるので、コチラも是非とも行きたいと思ってます(^^)



楽しみじゃ〜



そのためにも原稿を完成させないとですね(^^;





スポンサーサイト

| Illust | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pino241.blog102.fc2.com/tb.php/799-98a372a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。