サークル「ジダラク亭」の管理人ヒノイチのブログジダラク亭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自己投資

先日、6日のお話です。
ペンタブレットや液タブでおなじみの、私もほぼ毎日お世話になっているワコムから新製品の発表がありました。

「Cintiq Companion 2」
「Cintiq 27QHD」
「Cintiq 27QHD touch」


いずれも解像度が1,920×1,080(FullHD)や1,920×1,200(WUXGA)から2,560×1,440(WQHD)と向上しております。

しかもコンパニオン2のほうは、現行の機種からスペックが全てにおいて大きく向上しております。
「は?なんだよこのスペックは!?」目ん玉飛び出そうになりましたよ。
説明しても無駄に長くなるので書きませんが、私としてはビックリするぐらいのスペック向上でした。



27QHDのほうは以前、情報の流出がありスペックとかも分かっていたのですが、コンパニオン2のほうは…まさかここまで性能が向上した製品が2月に登場するとは思ってもいませんでした。
新製品来るだろうとは思っていましたが、予想を遥かに上回っていました。

ま、私には買えないんですけどね。
そんな簡単に出せる金額ではないです(苦笑




ただですね…内心、けっこうな衝撃でした。



その理由は…
これが私の手元に届いたからです。

「Surface Pro 2」
20150110_3.jpg

20150110_2.jpg



CMいっぱい流れてますし、ニュースにもなってますし、よっぽど知らない人はいないであろうマイクロソフト純正のタブレットPCです。
現行型は「3」ですが、これは旧型の「2」です。

なんで今更、旧型のを買うのか?

機種の仕様が結構違いましてね。
とりあえず、私が旧型を選んだ理由は…

・サイズが異なる(現行型は12インチ、旧型は10.6インチ)
・ペンの仕様が異なる(現行型はN-trig、旧型はワコム)


めちゃでかい違いです。
この2つの仕様が異なるという理由だけで、旧型を選ぶ人はかなり多いです。



私が購入した理由は「気軽にどこでもお絵かきがしたい」という目的からです。

なので、大型化してペンの仕様がワコムじゃなくなった現行型は欲しいと微塵も思いませんでした。
当時、Surface Pro 3が発表された時も「は?何この仕様。いらんわ〜」みたいな感じになってました(苦笑

前々からタブレット型のPCが欲しいな〜と思っていたんですよ。

そりゃiPadは持ってますよ?

iPad 2 (32GB)
iPad mini (64GB)
iPad Air (16GB)

無駄にあります。最近全然使ってなくて、2とAirは父と母にそれぞれ貸しています。
タブレットですが、PCじゃないんです。所詮はiOSデバイス。
手軽に使えますが、何かを作るってのには向いていません。

AppleがMacとiPadが合体したようなデバイスを出すんじゃないか出すんじゃないかと、2年くらい待っていましたが、出す気配はなさそうです…
買ってしまったこのタイミングで出されたら泣きますけどね。
とりあえず、当面も登場はない気がします。



そんなモヤモヤした中、私の日常生活において上手にSurfaceを使いこなしている方が身近におりましてね。
Surface欲しさが去年末辺りから急上昇しておりました。

ただ、当時は冬コミ原稿真っ只中。
買っても触ってる場合じゃない。
しかも新刊の印刷代がどうなるか未知数すぎて、それなりにまとまったお金をパッと使えるような状況ではなかったんです(汗



その冬コミも無事に終わり、当面は大きな出費もなさそうだなぁーと思ったので購入した次第です。

去年は守銭奴じゃないですけど、比較的、電子機器にお金を注ぎ込みませんでしたからね。
結局Bamboo Stylus finelineも、今現在ですらまともに対応アプリが更新されず、使い勝手も微妙で購入して失敗したと思いましたから…
期待していたのに、対応アプリが追加・更新される気配が全くありません。
ありゃホントひどいです…



そんなこともあり、今年1年良いことがあるようにと願掛けしたつもりで、年明け早々買ってしまいました。

消費的なモノを買って楽しみ癒され、心を満たすのもアリですけど、やっぱり今後自分に有益になるようなもののほうがいいですよね。
コミケで同人誌も十分買ったのでソッチのほうは十分ですし、私の場合、こういった機械を購入すること自体が楽しい、癒される、満たされるってこともありますけどね←



このSurfaceを注文したのが1月4日。
届いたのは1月7日です。

つまり、注文して届くのを待っている6日にワコムが新製品を発表したわけです。
買えないとはいえ、コンパニオン2が現行機とそんなに仕様の変更はないだろうと思って、Surfaceをポチったんでね…
いや、別にいいんですよ。元々欲しかったんで(^_^;



他にも周辺機器として保護フィルムやケース買ったり、ちょっといいペン買ったりしましたが、想定内の金額で収まっています。
Surface用のキーボードカバーとか存在するわけですが、あったら便利かもしれませんが、とりあえずはいらないかなと。
使っていないマウスやキーボードがあるので、それで十分かと。





ここから上の文章は家に届いた7日の夜に、基本的な設定を終えたSurfaceで書いておいたものです。


それから絵描き用に色々と設定をなどを調整したので絵を描いてみました。
20150110_1.jpg
ちゃんとペン入れしようと思っていましたが、諦めました。



昨日までの私
「Surfaceヤベェ!液晶タブレットいらなくなるレベルじゃね?」



今現在の私
「確かに便利だ。でも、ペン入れ以降をこれでやれる自信はないなぁ。下書きまでなら余裕でいける。」



使いやすいです!それはホントで、めっちゃいいものだと思います。

ただ、液タブと比較するとやっぱり劣る部分が見えてきますね(汗

私の使用している液タブの筆圧レベルは2048ですが、Surfaceは1024。
「そんな変わらんだろ。」とか思っていましたし、下書きとかしてる時も気になりませんでしたが、ペン入れになった途端に、その差の違いを感じました。

入り抜きが違いますね。

なんて言えばいいんでしょう…普段なら手の届く場所に手が届かないヤキモキする感覚です。
筆圧レベル2048の恩恵を受けすぎていたのでしょう(苦笑
それにペンの座標のズレも液タブより顕著ですし、ペン入れとか細かいことするのは慣れていないこともあり私には厳しいです。

単に私の技術力不足が招いた問題なので、普通に使いこなせる方のほうが多いと思います(汗



色塗りに関しては、Surfaceは色域が狭いことは知っていたので色分けぐらいならできそうです。



絵を描くための性能は、私の期待していた8割以上は応えてくれていると思います。
(ここまでするのに色々設定を変更するの、かなーり大変でしたけどね…)



あ…そうだ、あともう一つタブレットPCが欲しかった理由をば…



寝転がって美少女ゲーがしたかったんです。
母艦からタブレットへの画面の無線転送による操作じゃなくて、タブレットPCそのもので動かしたかったんです。


実際にベッドで寝転がってプレイしてみました。

3年越しくらいに願いが叶いました←


ただ、タブレットPCでもSurfaceは10.6インチとデカイので、思ってたのとはちょっと違いましたね。
8インチのタブレットPCとかだと「まさにこれだ!」って感じでしょうけど、そうするとPCスペックが一気に下がりますし、絵も描きづらくなりそうですからね。そこは仕方ないかなと(^_^;



買ったからには使いこなしていかないとですね。
うまく活用していこう。





スポンサーサイト

| Illust | 04:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pino241.blog102.fc2.com/tb.php/780-46ad6023

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。