サークル「ジダラク亭」の管理人ヒノイチのブログジダラク亭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

変身っ☆

先月の25,26日は池袋にてハロウィンコスプレフェス。
31日は渋谷にコスプレした人々が大量に集まったらしいですね。

そして次の日には街中がポイ捨てされたゴミで悲惨な状態になるという…

祭り事の後にはよくある話ですよね。
コミケだって待機列が形成された場所には、人の移動後に大量のゴミだけが残りますから(汗



私はポイ捨てとかできません。
決して正義感から意識してるわけではなく、単に小心者だからという理由です。
それが結果的にポイ捨てをしないという良い方向に進んでいるだけです(笑

私からしたら…

「よくポイ捨てなんてできるなー。図太い神経してるなー。」

と、ある意味で尊敬の念を抱いてしまいます。
別にポイ捨てしたいとは全く思いはしませんし、心のどこかでは下衆だなぁとか思っているんでしょうけど、それ以上に勇気あるなぁと思ってしまいます。

あれって、ポイ捨てすることを全く気にも止めていないんでしょうか?
それとも、周りがやっているから自分だってやってもいい。自分だけなら問題ない。

私にはそのような都合のいい思考が持てません。
常に恐怖していると言うのは極端ですが、ビビリです。
色々と考えてしまうんですよ。



悪いことに憧れはしませんけどね。
図太い神経を持っていることは憧れますね(笑
社会的にマイナスな悪いことではなく、別のことに活かせそうな気がします。



そんな感じで、たまに他人からは慎重すぎる。用心深すぎると言われることもあります(汗
たしかに「もし◯◯になったらどうしよう…」「ないだろうけど、念の為に対策しておくか」という結論に至ることは多いですけどね。

勿論、全てがそういうわけではないですよ。
色々請け負いすぎて自滅したり、お金だって後先考えずに使ってしまうこともありますし←
同人誌の入稿に締め切りに関して楽観的に考えて、ギリギリで焦ったりしていますしね(苦笑







あれ…なんだ…
私の思ってた筋書き通りに記事が進まない。

違う方向に進んでます(汗



私としてはポイ捨てのくだりは早々に終えて、コスプレの話に繋げたかったんですよ。

私は「これとこれを書こう」と決めてから記事を書き始めますが、文章の細かいところまでは決めずに行き当たりで書いているため、一つのネタでどのくらいの長さになのか?そこから想定外の派生は起きるか?とか考えていません。
予め、文章自体も大方決めておかないとこうなってしまうのが難点です。

まぁ…それが特に深く考えず、気分転換に文章を打つにはちょうどいいんですけど(笑
ブログで飯を食っていくわけでもないですしね。



話を戻します←

そう。コスプレです。
私はコスプレの話がしたかったんです。
そのために最近あったコスプレのイベントを前振りに持ってきた訳です。



昨日の記事で書いた通り、私、冬コミに受かりました。
以前「応募しました!」と書いた記事では…



"受かったら、奇跡ということで七森中の制服を着ます。勿論嘘です。"



と書いておりました。
半分冗談のつもりで書いていたわけです。



では、もう半分は?

「興味が無いと言ったら嘘になる」
といったレベルでしょうか?
一生に一度なら体験してみたいかも…
と、経験したことがない人が思う程度の興味はあります。

コミケというお祭を楽しむにはありではないかなーと思えますしね。



しかし考えてもみてください。
美少年・美青年とかイケメンならともかく、いや…まぁ…そのね…なんというか…そういう感じなんで、周りから見たらどう思われるとかなんとなーく想像できるわけですよ。

一瞬、面白ければそれでもいいかと思ったりもしましたが、でも…という気持ちです。

しかも、私が言っているコスプレするキャラクターは杉浦綾乃です。
女性キャラです。ご存知でしょうが、私は男です。


かわいい女の子がやったら最高なんでしょうけど、自分で自分の好きなキャラに抱く幻想を崩壊させるのはいかがなものか…
などと、私の中で色々と渦がぐるぐる回っています。



ということで、するしないはともかく、コスプレのために必要なモノってどのくらいの相場なのか軽くネットで調べてみました。


するとどうでしょう。
同じ製品らしきコスプレ衣装なのに、取り扱っている店ごとに値段が全く違いました。
しかも数千円程度ではなく、万単位で。

私はこの手のジャンルに関しては全くの無知なので、相場とかが分かんないんですよ。
ですから、高い値段が騙しているのか、安いのが騙しているのか…はたまたどちらも正しいのか。

検討がつきません(笑

でも、調べるのって面白いですね。
全然知らない世界なので、吸収することばかりでした。
ウィッグの形をどう固定するとか、日常生活で利用する道具を活かしてコスプレ道具を作ったりとか…


こだわったり、ハマる方が大勢いるのも頷けますね。



多分コスプレはしないでしょうけど、少し知識を得ることができました(笑
そういった衣装を持っていると、絵を描くときの参考になると、ツイッターでアドバイスを貰いましたが…

それだったら、私の母校である高校のセーラー服が欲しいなぁ。
と、ドン引きされそうですけど思ってしまいますね。いくらぐらいなんでしょうか?

別に私が着るとかじゃないです。絵の参考資料です。
ホントです。マジです。断言します。
自分が母校のセーラー服着てる姿とか、想像すらしたくないです。(心の底からの本音)






スポンサーサイト

| Daily | 02:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pino241.blog102.fc2.com/tb.php/766-8218e03f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。