サークル「ジダラク亭」の管理人ヒノイチのブログジダラク亭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コンピュータ・アート

手が冷たすぎて文字が入力し辛いです……



私の所属しているゼミの教授の論文の公聴会に参加しました。
よく分かんないですけど、学会で発表するにはそのための公聴会を何度かやるみたいで、今回は最後の公聴会だったみたいです。



今週の火曜に公聴会があることを聞き、「時間があれば是非(時間があるなら聞きに来いや)」と言われたので参加してみました。

最初に言っておきましょう。
私は、今まで教授が何の研究をしているのか全く知りませんでした。
2007年を最後に教授が何をやっているという公開情報がなかったんです。

教えてもくれませんでしたしね……



まぁそれも関係して、教授が一体どんなことについて研究しているのか、少〜し興味があったので参加に至りました。



ここでどんな研究をしているのか語る気はないですけど、どうやら2009年からずっと研究し続けて、今年研究が終了し、論文が発表出来るようになったみたいです。



公聴会に出席している方々は、学内外の教授など、いかにもお偉いような方々ばかりでした。
学生は私と同じゼミの友人の2人だけで、めちゃくちゃ浮いていました(汗

しかも友人は用事があり途中退室したので、一人残されてしまいました……
ホントは抜けちゃダメな雰囲気ですけど、発表始まる前に抜けることを言ったのでOKみたいな扱いでした。



1時間半程の発表が終了し、質疑応答。
当然、私なんかが質問できるような雰囲気ではありません。
すごい空気が重かったです……居心地が最悪で「なんで私ここにいるんだろ」みたいな感じでした(苦笑

なんというか、質問の仕方にしても、その人その人の考え方が衝突するような……荒波が立ってるような感じですね。
空気がピリピリ……いや、バチバチするという言葉が合ってした(汗



とりあえず、教授がどんなことについて研究をしていて、今後何をやっていくかということを知れたのは良かったです。
別に今後何かに活かせるとかそういう意味ではないですけど、「ウチの教授は何やってんだ?」というモヤモヤが晴れたという意味で良かったです(笑





スポンサーサイト

| Daily | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pino241.blog102.fc2.com/tb.php/620-7a398d1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。