サークル「ジダラク亭」の管理人ヒノイチのブログジダラク亭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不幸だ……(私の周りが)

このブログを読んでいる方なら知ってるとは思いますが、一週間ほど前に弟が事故って緊急入院しました。

それが原因でこの一週間は色々とありましたし、これからも続くのですが、どうやら今週の金曜に父方の祖父が病院に搬送されていたそうです。
住んでいるのは、近所です。歩いて15分ぐらいの距離ですかね。


今思うと、この間のサイレン音は祖父を搬送する救急車のサイレン音だったのかもしれません(汗


なぜ近くに住んでいるというのに、そんな大事なことを今更になって知ったかと申しますと、「祖父の命には別状がない」ということ「弟がこんな事になっている所に更なる心配事を増やしたくない」ということで祖母が黙っていたからです。



事故ったという訳ではありません。
今から詳細を書きますが、簡単に言うと「毒を食った」という感じです。

自宅で栽培していた瓢箪を食べたそうです。
私も今日はじめて知ったのですが、瓢箪には「ククルビタシン」という苦味成分が入っており、含有量が多いと人体には有害な物質だそうです。
大量に摂取すると食中毒のかなり酷い症状が発生するみたいです。

ゴーヤ(にがうり)ってありますよね。あれが苦い理由がこの成分の影響だそうです。



食用ではない瓢箪にはゴーヤ以上のククルビタシンが入っているそうです。

で、祖父はそれを食べたという……(汗



金曜早朝、出かける用事があった祖父は祖母より早く起きて、朝食の支度をしたそうです。

味噌汁を作ろうとしたものの、具材が足りない。
育てているゴーヤは成長しきっていなくて、使えない。

そこで瓢箪に目をつけ、



「ヒョウタンもウリ科の植物で、たしか食えるよな。よしこれを味噌汁に入れよう。」



という感じで味噌汁の具にしたそうです。
(食べられるヒョウタンも存在するようです。因みに今回祖父が食べたヒョウタンは食べられない種類でした。)

暫くして、祖母が起床。
台所で祖父から「おい、この味噌汁飲まないほうがいいぞ……腹が痛い」
と言われたらしいです。



それから一時間ぐらいして、祖父は腹痛と吐き気で倒れて病院に搬送。

一日入院して、現在は自宅にて療養中。
今もなお、尋常ではない腹痛と吐き気に襲われているそうです。しかし治すにはヒョウタンに含まれる毒を体外に出す以外の方法が無いらしく、長い時間が必要だそうです(汗



つまり、他の食べ物で例えると……

「フグに毒があると知らずに食べて酷い目にあった」

という感じでしょうか。
とはいえ、フグほどの猛毒ではないので、命には別状はなくて良かったです(汗



一週間以内に身内が二人も病院に搬送されるとか……
はじめての経験ですよ。

もうこれ以上、誰かが続くとは思いませんけど、何だか縁起が悪いですね(汗





スポンサーサイト

| Daily | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pino241.blog102.fc2.com/tb.php/453-665853d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。