サークル「ジダラク亭」の管理人ヒノイチのブログジダラク亭

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カタチになり、広まる素晴らしさ

私には珍しく、日曜なのに早朝から稼働していて今現在、非常に眠いです…。

6月になり、梅雨入りしてはいますが、金土日と晴れ間が続き暑かったですね(汗
来週からは本格的に梅雨っぽい天気になりそうですけど、早く梅雨は終わってほしいものです。



私は今回は応募していませんが、夏コミの当落結果が出ましたね!
当選された方々、がんばってくださいね。ホント色々がんばってくださいね。

私は夏コミ行けるかどうかも分かんないです。
行きたいけどな〜、無理っぽい気がします。仕方ない…(汗



土曜日の話になりますが、「文字塾展 第四期 14人のかな書体 こんなにたのしくていいのかな」という展示会に行ってきました。
20160612_2.jpg

20160612_1.jpg

内容は展示会名の通り、14人の方がオリジナルの明朝体かな書体を1年間かけて制作し、それの展示を行なうといったものです。
ちょうど「こんなにたのしくていいのかな」ってのが14文字で、14人の制作された書体が1文字ずつ使われていますね。
ただ展示するだけでなく、制作過程などの資料もファイリングされて置いてあり、非常に見ごたえのあるものでした。

まぁ、内容が書体という、一般的な目から見たらかなりマニアックな部類に入るので、万人にオススメするようなものでもないですけどね。私は非常に面白かったです。途中から混んできたので1時間半くらいで抜けましたが、いようと思えば3時間は見てられたと思います。



1年かけて、ひらがな、カタカナの書体を作る…
ただ作るだけなら1、2ヶ月で出来るかもしれませんが、修正、調整を何度も何度も繰り返して制作されていて、「そりゃ1年かかるわ。」と思いましたよ。
というか、明朝体のかな書体を制作するのはかなり難しいということが再認識できました。

これを機に、私も作ろうと思ったわけではありませんが、どうやって作るのかを知ることができたので、いい勉強になりました。行って良かったです^^



さて、話は変わり…



今週は私の記念日になりました。一生モノの記念日です。

私の制作した、マンガのロゴが使用されたマンガ雑誌が発売されました。
文章にすると伝えにくいのですが、私が制作したのはロゴで、マンガは漫画家さんが描かれています。

会社に仕事の依頼が来て、私がネームを読んで、その作品の雰囲気を元にロゴをイメージして制作。
読み切りマンガですが、私が1から携わった初のデザインの仕事です。
(記念に雑誌を見る用と保存用の2冊を購入しました。)



4月頭に、「デザイナーになりました」という内容の記事を書きましたが、デザインする主な仕事内容は…



ほんの少しの例外を除いて、ほぼマンガやアニメ関連のデザインです。
そういった会社に私は就職してたわけです。

4月からそいった関連の仕事をして、何冊か関わった雑誌や単行本も販売されているのですが、今回のロゴデザインが初めて1から任されたものなんです。
今でも大半はアシスタント的な仕事が中心ですけど、少しずつこういったこともやらせてもらえ始めました。

同人活動から得るモノも大きいですけど、同人とはまた大きく違ったナニカを得られたような気がします。



まだこれから当面の間は、こういった機会はなかなか少ないかもしれませんが、色々認められるよう頑張ろうと思います。



週末タイポ
s20160605.png

s20160605_2.png

s20160612.png





スポンサーサイト

| Typo | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。